トクマ IN 宮崎 最終回

 2013-03-20
 3月14日12:00からの橘通り3丁目のライブ街宣を終え、昼食へと向う。トクマが「そばが食べたい」との希望。行きつけのうどん屋へいくと、美味しそうなごぼう天うどんの写真を見て、「これを食べよう!」というトクマ。そばを食べるものとおもっていたスタッフ一同、トクマの自由性に感動?というより唖然! さすが尖閣上陸ロッカーの一面をみさせていただきました。

 その後は、「天使のモーニングコール」を世話になっているJOYFMに表敬訪問。営業部長のM氏は若いミュージシャンを育てた経験があり、トクマに興味関心。都知事選5万票獲得の評価もしてくださいました。とってもいい感じのFM宮崎、幸福実現党のこともよくご存知でした。「頑張ってください!」と熱い支援を戴き、イチロー燃えました!

 次は、宮崎後援会でMRTADのT氏とのお話。ここでもミュージシャントクマの映画PR、キャラバンツアーの話等で盛り上がりました。
                蟷」遶狗・樒、セ+028_convert_20130318042748
T氏はとっても協力的な方です。こうの一郎の記者会見MRTニュースで取り上げてくださった時もご尽力くださっていました。ただ、感謝あるのみです。合掌

 今日の最後は、宮崎南部後援会の方々との交流です。宮崎南部後援会は二日間のトクマライブ&街宣を宮崎後援会の方々と支えに支えてくださいました。本当にありがとうございました。会議前の30分ぐらいの時間を戴く予定が、なんと2時間近く、トクマを囲んでの話となり、大変盛り上がりました。暖かく迎えてくださった宮崎南部支部の皆様、本当にありがとうございました。
                       蟷」遶狗・樒、セ+029_convert_20130319073347

 トクマと丸二日間一緒に行動させていただき、多くのことを学ばせていただきました。尖閣上陸までの経緯、上陸後の経緯など・・・トクマの情熱の根底にあるのは「主への信仰」 ただそれのみでした。今までの幸福実現党にない個性で政策を訴える青年局長トクマが言いたいことは、ロックの精神「まず、自分を見せること、自分から裸になれ!」。イチローも裸の自分で勝負できる宗教政治家を目指すことを新たに決意!
 トクマ、八丹さん、植草さん、本当ありがとうございました。キャラバンツアーの大成功を心より祈念すると同時、イチローもロックの精神で、真っ向勝負していきます。二日間、いろいろな方々の協力、本当ありがとうございました。ただ、ただ感謝あるのみです。あとは行動あるのみです。頑張ります。

スポンサーサイト
タグ :

トクマ IN 宮崎 ④

 2013-03-18
3月14日(木)朝は江田神社への参拝から始まりました。
 蟷」遶狗・樒、セ+017_convert_20130318042039 蟷」遶狗・樒、セ+018_convert_20130318042125 蟷」遶狗・樒、セ+019_convert_20130318042004
 ボランティアの方から江田神社にまつわる神話の説明いただきました。真ん中のご神木は、男性の象徴で、触ると金運 がよくなるご利益があるとのこと。イチローはじめ、全員しっかりと触らせていただきました。右は、禊の池で、神道系の「禊祓い」語源の発祥の場所だそうです。トクマもいろいろな意味で感激の江田神社でした!



  九州電力宮崎支社へ表敬訪問。宮電の担当者の方とトクマの売り込みと幸福実現党の原発推進の意志、そして支援できることがたくさんあることをお伝えできました。九州電力の方々も、原発推進に向けていろいろな努力をされようとしていました。 ガンバレ九電!

いよいよ、メインイベント、橘通り3丁目でのトクマライブ&街宣 前日と同じく、宮崎後援会、宮崎南部後援会の皆様が事前にチラシ配布やPR等をしてくださっていました。本当にありがとうございます。
 蟷」遶狗・樒、セ+022_convert_20130318042236 蟷」遶狗・樒、セ+021_convert_20130318042204 蟷」遶狗・樒、セ+024_convert_20130318042340
 トクマの街宣で最初に歌う曲「ありがとう」は、ご両親への感謝を込めたものでしたが、今朝の江田神社での気づきで、日本の神様の父母にあたるイザナキ、イザナミへの思いが加わり、一段と心に伝わる歌となったそうです。神話の里、国つくりの発祥の地宮崎ゆえの気づきに大感激のトクマでした。

 蟷」遶狗・樒、セ+025_convert_20130318042420 蟷」遶狗・樒、セ+026_convert_20130318042616 蟷」遶狗・樒、セ+027_convert_20130318042710


タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫