宗教立国実現 総決起大会に参加

 2011-07-31
7月30日~31日 未来館にて「宗教立国実現 総決起大会」に参加
幸福実現党の総決起大会が宇都宮の総本山未来館にて開催されました。全国の候補者をはじめ、選挙関係の有志が集まり、間違った思想、唯物論・無神論を打倒し、日本を自由の大国、宗教など正しい価値観を日本の精神の中心にした国家運営を行うべく、打倒菅首相、そして幸福実現党第一党にすべく、次期衆院選を「レッドクリフ」に準え、必勝の決意を固めまてきました。

「幸福維新、今だ遠し!」一昨年より国難の警鐘を鳴らし、日本を明治維新の時のように、根本的に変えないと未来はない。迫り来る国難、菅首相による国家解体、国力減衰、教育の不毛。日本の骨組み自体を変えないとこのままでは日本沈没します。二流国、三流国、または中国の属国になることを訴え続けてきました。幸福実現党の支持者は増えています。いよいよ次期国政においては、政権に食い込み、この国を正しい方向へと導くことが、未来が見える幸福実現党の使命です。

ついき秀学党首と記念撮影!
ついき党首より、第一党を目指し、次期衆院選は全国300選挙区すべてに候補者を擁立し、闘うことを再度確認し、闘い続けることこそ、勝利への道であると。脱原発を菅首相が進め、多くの政党もそれに賛同する流れの中、幸福実現党のみが、日本の繁栄のために正論を伝えることは、非常に意義のあることを教えていただきました。又、戦後は憲法が日本国のご本尊に成り代わっていること。憲法を信じていれば日本は平和であると…しかし、その理想主義ではこの国を守れなくなっている。未来が見える幸福実現党の主張は、必ずあとから国民に受けいられるので、自信を持って正々堂々と訴え続けることこそ幸福維新の志士であると激励されました。

政党幹部の方々からいろいんろな情報や戦術を教えていただきました。また、顕著な活動をされている候補の事例紹介はとっても参考になりました。私も、幸福維新の志士として、恥ずかしくない戦いをしていくことを決意し、必ずは次期選挙で勝利し、この国を変える人材になることを誓いました。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://1roukouno.blog59.fc2.com/tb.php/51-5c79ceea

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫